CBD(カンナビジオール)について、コーヒー飲みながら考える

CBDの可能性について、コーヒー片手に書いていきたいです

大麻って世界的にどうなってるのかな

news.yahoo.co.jp

 

Yhoo!のニュースにあがってましたね。

 

アメリカは大統領選があるたびに、大麻合法化について話題になります。

 

それだけ、アメリカでは大麻が身近なものなんですね。

 

アメリカでは、400万人近い人が大麻を使用し、生涯経験率は4割を超えるとされています。

 

ちなみに、日本の大麻の生涯経験率は1.4%とも言われています。

 

びっくりするくらい違いますね、、、

 

日本では大麻を選挙公約にあげる候補者自体が少ないですし、仮に当選しても、意見を通すのは中々難しでしょう。

 

それくらい、大麻に対するイメージはあまりよくない人が多いと思います。

 

世論に弱い日本ならなおさらです。

 

大麻、とりわけ、CBDの市場は2026年にはアメリカでは2兆3000億米ドルを超えると言われています。

 

また、中国では、2017年5月に薬物禁止条例の改正によって産業大麻の栽培、生産、加工の規制が緩和されて以降、産業用大麻市場は急成長しており、現在、黒竜江省では国内生産量の60%を占め、中国大麻は全世界の流通量の半分にものぼるようにもなりました。

 

他には、ヨーロッパ、インドなども市場規模を拡大しており、医療大麻の分野では、イスラエルは世界的にも最先端の研究を行っている状況にあります。

 

日本にも、もうちょっと頑張ってもらいたいな、、、

 

当然、日本でも大麻研究がされてますし、可能性について気づいてる方々が沢山いらっしゃいます。

 

しかし片一方で、議論を避けたがる人々もいるようです。

 

研究者のためにも、また、医療大麻でつながる命、健康のためにも、議論を続けていく必要が大事なのではないでしょうか、、、

 

大麻、CBDの市場拡大は、医療分野はもちろん、農業、美容、工業、化学に大きく貢献し、雇用拡大への期待も大いにあります。

 

他国に追随するだけでなく、日本自ら先に動き出す勇気も必要ではないでしょうか。