CBD(カンナビジオール)について、コーヒー飲みながら考える

CBDの可能性について、コーヒー片手に書いていきたいです

CBDの基礎知識

 

大麻の呼び方】

 

大麻/カンナビスサティバ

被子植物の1種で、480種類以上の化合物を含む植物。

6000年以上にわたって栽培され、医薬品、食品、繊維、快楽麻薬として用いられてきた。

 

マリファナ

高揚感を得るための麻薬として、あるいは医療目的で栽培される大麻

通常はTHCを5%以上含んだものをいう。

マリファナは例外なく大麻だが、使用者を「ハイ」にさせる量のTHCを含むため、ヘンプとは区別される。

 

ヘンプ

THC含有量が0.3%未満の大麻

大抵は産業目的で栽培され、布地や布地や食品に利用されることが多い。

ヘンプは例外なく大麻だが、使用者を「ハイ」にさせるほどのTHCを含まないため、マリファナとは区別される。

 

カンナビノイド

人間の体内にあるカンナビノイド受容体に結合する化合物。

代表的なカンナビノイドTHCとCBDのです。

 

【摂取方法】

・エディブル

大麻オイルを混ぜた食品のこと。

摂取して30分〜90分後に高揚感が生まれる。

喫煙に比べ効果の持続時間が長く、大抵は4〜6時間といわれる。

 

・ジョイント

タバコ状のマリファナ

喫煙すると数分で高揚感が生まれる。

 

・ハッシュ/ハシシ

大麻樹脂のこと。

マリファナをペースト状に加工したもので、通常は喫煙摂取する。

大麻の花穂や葉を中心に利用するアメリカよりも、ヨーロッパで人気が高い。

 

・ベープ

大麻または大麻油を約200℃まで熱し、蒸気を吸引する方法。

喫煙した場合に比べ、人体への害は少なく、高揚感は控えめだといわれる。

 

大麻に含まれる主要な化合物】

THC

大麻に含まれる化合物。

所謂、「ハイ」になる作用が含まれる。

正式名称は、「テトラヒドロカンナビノール」

 

・CBD

大麻に含まれる化合物。

2種類の小児てんかんの治療薬として、FDAに承認されている。

日本でも合法。

正式名称は、「カンナビジオール」

 

 

CBDを勉強しようとしても、馴染みのない言葉が沢山出てきますよね。

 

少しでも参考になれば幸いです!