CBD(カンナビジオール)について、コーヒー飲みながら考える

CBDの可能性について、コーヒー片手に書いていきたいです

CBDオイルがおすすめ

 

CBDの摂取方法は色々ありますが、個人的にはCBDオイルがおすすめです。

 

CBDオイルはCBDティンクチャーと呼ばれることがありますが、キャリアオイル(オリーブオイル、ココナッツオイル、MCTオイルなど)に、大麻草やヘンプから抽出したCBDを溶かし込んで作られたものが一般的です。

 

気化吸入(ベーピング)やエディブル(カンナビノイドを含んだ食べ物や飲み物)より効果がわかりやすく、安定して持続的に効き目が出やすい印象があります。

 

CBDオイルは舌下投与で摂取するのが一般的ですが、食べ物に混ぜたり飲み物に入れたりすることも可能です。

 

私はコーヒーが好きなので、よくコーヒーに混ぜたりしますね。

 

特に睡眠障害などでお悩みの方には、是非おすすめします。

 

何年も睡眠障害で悩まされてきた私が、CBDの効能で最も恩恵を受けたのが睡眠の改善でした。

 

横になってからも2、3時間平気で眠りにつけず、1日の睡眠時間が3、4時間が普通だった私が、今は8時間寝れるようになったのはCBDの効果が大きかったです。

 

知り合いでは、腰痛の改善やうつがマシになったっていう人は結構多いですね。

 

腰痛や肩こりは確かに私も改善した気がします。

 

ECS(エンドカンナビノイドシステム)にCBDが働きかけることによって体内を調整してくれている影響だと思いますが、人それぞれ受ける影響が違うのがまだまだCBDの課題点で研究が必要な点です。

 

CBDの研究において事例証拠(患者、患者同士、医療関係者に自分の経験を話すことで明らかになる証拠)は多くある中、臨床試験(人間を対象にした試験)が多く行われていない現状があります。

 

大麻に関する法的ハードルもあるでしょうが、イスラエルアメリカが研究を進める中、日本も負けずに頑張ってもらいたいです。

 

CBDに興味がある方は、実際経験してみることをおすすめします。

 

ショップなどに行けば試飲できることも多いです。

 

私のおすすめは、田園調布の「Parma Hemp」さんや、原宿、代官山、羽田空港にある「healty tokyo」さんです。

 

どちらも店員さんがめちゃくちゃ詳しいですよ。

 

興味のある方は是非。